映画「ホテル・エルロワイヤル」の評価が低いのはなぜか

先日「ホテル・エルロワイヤル」という映画を観まして、めちゃくちゃ面白い!と思ったんですがネット上のレビューなどを観てみると妙に評価が低い感じ。

好みの分かれる映画だとは思いますが、酷評するほど粗のある映画にも思えない。なので、その理由を考えてみようと思いました。

理由1:コアな映画好きしか観ていない

この映画は日本では劇場公開されませんでした。という事は大々的な宣伝もされていないので、ライトユーザーの目にはあまり触れていない。そうすると見ているのは比較的コアな映画好きが多いはずです。

目の肥えた映画マニアしか観ていないことが、低評価の多さにつながっている気がします。

理由2:どんな映画か分かりづらい

前述のようにあまり宣伝されていないせいもあるのですが、タイトルやパッケージ画像からどんなジャンルの映画なのかあまり分かりません。映画が始まってからも、このホテルを舞台に何が起こる映画なのか、ホラーなのかサスペンスなのかアクションなのかロマンスなのか、がなかなかわからない感がありました。

各々が勝手に「○○みたいな映画なんだろうな」と期待と想像を膨らませる余地がたっぷりあるので、その分勝手に期待して勝手に「思ってたのと違う!」と裏切られてしまった人が多いのでは。

理由3:クリス・ヘムズワースがかなりイヤな悪役

ヤフー映画でこの作品のレビューをざっと見ていて気付いたのは、レビュー内でクリス・ヘムズワースの事を「ソウ」「ソー」と書いている人が複数人いることです。

この映画での彼の役名は「ビリー・リー」なので「ビリー」または役者名で「クリス」ならわかるのですが「ソー」ってなんだろう…?

それは彼が主演する「マイティ・ソー」の事でした。アベンジャーズの一員でもある マイティ・ソー は人気が高いみたいで、つまりマイティ・ソー が好きで「 マイティ・ソー の人が出てるから観てみよう!」という人が結構多かったのかもしれない。

それは悪いことじゃないと思うのですが、本作でのクリス・ ヘムズワース は悪役。それも反吐が出るような悪役なので、正義の味方な「ソー」のファンは彼の扱いにガッカリしてしまったのではないでしょうか。

中には「悪役は『アベンジャー』が終わってからにして欲しかった」なんていう極端な意見もありました。

個人的な感想としては非常に面白かったし、 まあ好みでなかったとしても殊更に悪く言うほどの映画でもない内容だと思います。なのでレビュー0件だったら何も驚かないのですが、レビューがいっぱいついている上に批判的なものが多いのが不思議でこのような記事を書きました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク