「パチンコはやらないけど」問題

最近youtubeの「くずパチ」という番組が面白くてハマッています。パチンコ番組なんですけど、パチンコがわからなくても楽しいんですよね〜。2021年は落ち込むことや疲れることも結構ありましたが、そんな自分を助けてくれたもののひとつでした。

ところで、「くずパチ」の話をするときについつい「パチンコはやらないけど」という言い方をしてしまいます。

もちろんそれは「パチンコをやらない人から見ても面白い」という、番組の面白さを強調する意味もあるのですが、それ以外に「パチンコをやる人」だと思われたくないという気持ちが自分にあるのだと思います。

「パチンコをやる人=ギャンブラー・自堕落な人・ガラの悪い人・お金にルーズな人・社会的にダメな人、と思っている人が世間には多いであろう」という意識があって、自分もそうだと思われたくないという言わばちょっとした差別意識みたいなものがあるのかなあと。

でも自分がパチンコやらない(過去にもほぼやったことない)のは事実で、「パチンコをやらない人でも面白い」というのは本当なので、くずパチ観てみて欲しいです。

編集がちゃんとしているところもポイント高いんです。地上波の番組とyoutube って編集の方法論が全然違うと思うのですが、ちゃんとyoutubeに最適化された編集になってます。テロップの入れ方とかもわかりやすくてテンポも良い。演者の二人が面白いのはもちろんですが編集も見事。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク