美味しかったレトルカレー教えます

コロナ禍で外に出ないので家で食事することが増えました。毎回作ってられないのでレトルトカレーをよく買うようになりました。ご飯を炊けばいいだけなので楽なんですよね。

その中で美味しかったレトルトカレーを紹介したいと思います。カレーなんて大抵おいしいので滅多にハズレは無いんですが「また買ってもいいな」と思ったかどうかを判断基準にしたいと思います。


鳥肌のたつカレー チキンカレー

パッケージには「カレー専門店の味を超えるレトルトカレーが可能であることを証明してみたかった」とかなり強気な文言が書いてあります。たしかによくできた味がします。結構スパイシーで辛くて、食べると毎回お腹を壊すのですが、それでもまた買ってしまう程度には美味しいです。


ノザキ コンビーフカレー

具としてのコンビーフもいい仕事してるのですが、それ以前にベースのカレーの出来が思いのほか良いです。まさしくご飯が進む正統派な味がします。エスニック系よりもジャパニーズなカレーが好きな方向け。


ゴーゴーカレー

有名チェーン店ですが実際のお店のやつを食べたことが無いので再現度に関して論じることはできません。結構好きな味です。美味しいレトルトカレーです。かなり粘土が高く、ドロっと味も濃いめ。形のある具はほとんど無いので具がゴロゴロ入っている系が好きな方は合わないと思います。
パッケージからも分かるとおりカツやフライに合うようにチューニングされている感じがします。カレーには当然揚げ物とかトッピングをのせますよね!というタイプの方は特におすすめです。あと千切りキャベツも合います。一箱に2袋入ってるのもイイ。


カリーライス専門店エチオピア ビーフカリー

これもお店の実物を食べたことないのですがレトルトカレーとしてかなりウマいです。ゴロッと大きめの牛肉も高得点。粘度でいうとサラサラ系です。コンビーフカレーやゴーゴーカレーと比べるとオトナっぽい味。


ヤマモリ タイカレープリック

タイカレーで有名なヤマモリですがその中でもコレは別格に強烈です。本当に鳥肌が立つのはこっちです。赤唐辛子と黒胡椒とこぶみかんのチキンカレー。食べると毎回後悔するんですがしばらくするとまた食べたくなってくるんですよね…自傷行為的な気持ちよさのあるカレー体験。
ちょっとレモン汁とかライムを垂らすと爽やかになるのでオススメです。一旦フライパンにあけて火にかけながら適量のココナッツミルクで割るとマイルドになってこれまた美味しいです(元が結構塩辛いですし)。そこまでしてでもまた食べたい日がやってきてしまう恐怖のカレーなのです。

キッチン88 鶏肉のガパオ炒め

カレーじゃないですがこれも美味しかった。ガパオも好きなので色々食べてみましたが個人的には今のところこれが好きですね。ナンプラーの香りが強めなので苦手じゃなければ。目玉焼きを添えるとごちそう度UPします!


S&B 濃厚好きのごちそう 120時間熟成デミグラスの牛ほぐし肉カレー 中辛

辛いのが得意じゃない人向けかもしれません。カレーというよりはボロネーゼっぽい味がしました。オススメ度でいうと低めですが近所のスーパーだと100円ぐらいで売られていることもあり、コスパ的に結構いいかなーと思います。
「牛ほぐし肉」というのはコンビーフみたいな、牛肉の繊維っぽい感じでした。“ボロネーゼ的な赤ワイン煮込み系のソースをご飯にかける用にチューンナップしたもの”と聞いて美味しそうだと思ったら。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク